• ホーム
  • 発毛剤と育毛剤、その効果の違いを教えます!

発毛剤と育毛剤、その効果の違いを教えます!

髪が薄い男性

発毛剤と育毛剤では、効果に違いがあります。髪の状態に合わせて使い分けることが求められますので、正しく理解して自分にとって必要なのはどちらなのか選ぶことが大切です。自分の頭皮に使用するものですからしっかりと選びましょう。

育毛剤は髪のボリュームが不足していたり、ハリやコシが低下してきたりしたときに使用します。今ある髪を丈夫に育てることや頭皮環境をよくすることが期待できます。発毛剤は、既に薄毛が進行して地肌が目立つなど髪を増やしたいという方向けのものです。

発毛剤と育毛剤は状態に合わせて使うことが求められます。進行してからよりも早い段階で使用したほうがよいのはどちらも同じです。しかし、状態に合ったものを使用しないと満足のいく結果を得ることは難しくなります。髪や頭皮の状態を確認した上で、育毛剤を使うのか発毛剤にするのかを決めましょう。既に薄くなっていて髪を生やしたい方が育毛剤を選んでも結果を出すのは難しいため、状態に合わせた選択が重要です。

育毛剤は抜け毛を予防する働きがあり、健康な状態の方に向いている医薬部外品となっています。医薬部外品は、症状の予防に使用されるものであり、育毛剤はそれにあたります。既にAGAによる薄毛や抜け毛でお悩みの方には向いていません。AGAの予防に使用したいと考えているのなら育毛剤が向いています。

発毛剤は医薬品です。医薬品の場合には、疾患や症状を治療することができます。AGAによる薄毛の治療をしたいと考えているのならば発毛剤が向いています。髪を生やしたいと考えている薄毛の方が育毛剤を使用しても結果を出すのは難しいです。発毛剤と育毛剤は違いを把握した上で最適なものを選ぶようにしましょう。

育毛剤の場合には、ボリュームが減ってきて気になっていたり、髪のハリやコシが気になってきたりした段階から使い始めることで効果を得ることができます。AGAの家系で髪のことが気になるからといって、十分に髪がある段階から発毛剤を使用するのはよくありません。医薬品は頭皮への刺激も強く、必要のない段階から使い始めるのは得策ではないからです。今は十分にあるけれど将来的に気になるというのであれば育毛剤が向いています。

既に脱毛が目立ち、髪を増やしたいのであれば、発毛剤が向いています。育毛剤では効果が期待できないので発毛剤を選びましょう。早い段階で使用したほうが効果的ですから、時間を無駄にしないよう適切な選択をするとよいです。