• ホーム
  • AGA治療の薬や治療方法を徹底的に解説します

AGA治療の薬や治療方法を徹底的に解説します

髪に悩んでいる男性

AGA治療に使われる薬には、抜け毛を防ぐタイプのものと発毛を促すタイプのものがあります。AGAになるとホルモンの影響によってヘアサイクルが乱れて抜け毛が増え、丈夫な髪を育てる力が衰えるといったことが起きます。そのため、抜け毛の原因にアプローチして薄毛が進行するのを防ぐことと、新しい髪を生やすという積極的な治療が行われます。

ホルモンの悪影響による抜け毛を防ぐためには、飲み薬が使われることが多いです。発毛を促す治療では、飲み薬が使われることもあれば頭皮に直接塗るタイプが使われることもあります。製薬会社が販売している処方薬が使われることが多いですが、病院やクリニックによってはオリジナル処方の治療薬が使われることもあります。

プロペシアは最も多くの医療機関で処方されている5αリダクターゼ阻害薬です。薄毛の進行を止める働きが期待できます。ミノキシジルは、毛根に直接働きかけて発毛を促してくれます。外用薬と内服薬という2つのタイプが販売されている発毛剤です。これらはジェネリックもありますが、必要に応じて処方される基本的なAGA治療薬です。

頭皮に直接受けられる治療方法もあります。育毛メソセラピーやHARG療法といったものです。これらは毛髪再生療法と呼ばれる治療方法で、育毛成分を頭皮に直接注入します。HARG療法は独自の方法が確立されているので内容は同じです。育毛メソセラピーは使用される薬剤の成分や注入方法がクリニックによって異なります。

薬による治療では困難という場合には、植毛という治療方法が選べます。外科手術を用いて毛髪を頭皮に植え込むという治療方法です。AGA治療のなかで最も高額な方法になり、AGA治療における最後の治療手段ともいえます。植毛は自分の毛包を移植する自毛植毛と化学繊維によって作られた毛髪を埋め込む人工毛植毛の2種類から選ぶことが可能です。
自毛植毛のほうが人工毛植毛よりも高額になります。しかし、自身の頭部から健康な毛包を移植する自毛植毛の場合には、自分の髪を取り戻すことが可能です。植毛については施術を受ける範囲によって費用が大きく異なります。高度な技術になりますので、クリニックによって仕上がりが異なるという治療方法でもあります。

治療による効果は症状が軽いほうが得やすいです。高度な治療方法になるほど結果を出すのが難しく、費用も高くなります。症状が軽ければ基本的な薬の処方による効果が出やすいので、気になるのであれば、クリニックに早めに相談するほうが賢明です。